増し担保解除の条件とは?

  • 投稿日:
  • by

さて、先日からマネパ株に執着しているのですが、増したん解除まではそう大きく動かないのではないかという印象が出てきました。

高ねでつかんでいる人がいる一方、低い位置で空売っている人も多いと予想されるため、たぶん、両建ての人が多いのではないかという印象があります。

結果として、急騰すれば信用買いをし、急落前に信用買いをはずすというパターンになっているようなので、上下に振れる値動きになっているようです。

感覚でいえば、上下にゴム糸で引っ張られているので、上へ下へとビローン、ビロロローンとぶれてしまい、最終的には元の位置にもどる、そんな印象のある値動きになっています。

なので、先日から高値で売って、元の位置に戻ってきたら買い戻すの作戦でやっているのですが、今のところはこんな感じでうまくいっております。

ただ、若干上向いてきてますので、売ったはいいが、上へ抜けてしまう可能性もあり、この辺で再度アホールド体制を取った方がいいものか、はたまた、いつもどうりに値幅を取った方がいいものか、思案のしどころとなってきました。

たぶん、増したん解除まではヨコヨコの展開になるんじゃないかなと思うので、この上下のビロロローンの値動きを利用して、毎日10円ぐらいの値幅をとっていくのが効率いいんじゃないかと思ってます。

この増したん解除についてですが、一般的には売り残の上場比率12%が目安になっていますが、その他の条件も加味されるので、現在の出来高からみるとまだちょっと先の話になるような気がしております。