日産の傘下入りで三菱自の株価が急伸か?

  • 投稿日:
  • by

ゴーンさんが会長となり、日産の傘下入りとなった三菱自動車ですが、株価は連日急伸する展開となってきました。はたしてこのまま回復するのか、今後の展開に注目が集まってきています。

決算については今期の赤字はほぼ確定してますが、日産との相乗効果を考えると長期的には期待できそうです。年間販売台数が1,000万台規模ということですので、世界最大規模の自動車グループが誕生しました。

ただ、日本はこれでよかったんでしょうか?

これでフランスのフランス企業になるわけですし、燃費問題も問題と言えば問題ですが、日本企業が安く買いたたかれただけという印象しかありません。いずれにしても、株主としては業績が伸びて行ってくれればそれでよいのですが、ゴーン氏が言うような相乗効果は果たして見込めるのでしょうか、今後も注目していきたいと思います。

今後、11月の大統領選挙の行方によっては円高に触れる可能性もありますし、ブレグジットの影響やドイツ銀行のゆくえなども気になるところですが、一旦は株価は底を打った気がしております。前回のストップ高である600円を超えることができるのかどうか、今後の展開に注目していきたいです。

さらに、タカタのエアバック問題が気になっておりますが、スポンサーが主張するような法的整理となるのかどうか、ボロ株で3円とか4円とかの状況になるのかどうか、このあたりも興味深い展開となってきました。